注射はセンスも必要です

4月12

注射が苦手という人は多いでしょう。体に直接針が刺さるわけですから痛いです。ただ、看護師の中にはその痛みをほとんど感じさせないようなスキルを持った人がいます。多くの経験を積むと、あまり痛みを感じさせないようなスキルを持つことができるのでしょうか。ただ、注射は説明されれば誰でも簡単にできるものではありません。実際やってみることはとても難しいのでしょう。多くの経験を通して勉強していくこともあるでしょう。ですが、ほとんど痛みを感じさせないように注射を打つにはセンスも必要ではないでしょうか。いくら経験を積んでもそこから何も学ばなければ痛いままです。患者の様子を見て学んでいくとコツみたいなものを見つけられるのでしょうか。また、注射のしやすさは人によっても違います。感覚的なものも大切になってくるでしょう。そして、注射が苦手な人に多いのが、針を抜く時に痛いのです。注射が終わって安心した頃に、抜く時の痛みが加わるのは、不意打ちみたいな感じでより痛く感じてしまいます。薬液を注入し終わったからと言って油断することなく針を抜き終わるまでが注射だと思ってしっかりとやりましょう。注射は直接体内に薬液を注入するため、効果が早く安定しているのが特徴です。重要な治療方法ですが、苦手な人が多いのは問題です。あまり痛みが無い極細の針の開発もされていますが、やはり注射をする看護師のスキルが欠かせないでしょう。注射は経験とセンスが必要だと思います。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*